SPLメータを用いた補聴器用各形イヤホンによる聴取域値の検討
福元儀智(中国補聴器センター)・槙野博規・友森操(山陰労災病院耳鼻科)
 
< はじめに >
補聴器適合状態を知る上で、装用補聴器での聴取域値を補聴器入力音圧で
求める事は重要な項目の一つである。
その方法としてスピーカーを用いて直接聴取域値上の入力音圧を測定する
方法があるが、これは周囲雑音、定在波等の影響を受けやすい欠点がある。
我々はSPLメータを用い、外耳道入口面での音圧で聴取域値を求め、ついで補
聴器測定器により装用時の入出力特性を求め、これらの値から入力音圧で
聴取域値を求めている。市販されているSPLメータはいずれも外装小型イヤホ
ンのみであり、これによる測定された聴取域値は箱型補聴器の適合には利
用できても、他の形の補聴器に応用できるか否か疑問を持った。
我々はこの外装小型イヤホンと内装イヤホンのうち耳掛け型イヤホンおよ
び挿耳型イヤホンについて、それぞれ聴取域値を測定し、外装小型イヤホ
ンで測定した値が他の形の補聴器に応用できるか比較検討した。めがね型
イヤホンについては音圧測定法が耳掛け型イヤホンと同じであり除いた。

< 方 法 >
○1 SPLメータ(DANAC 35H)に各形イヤホンに接続した。
○2 耳せんは被験者の外耳道に密着するものを選んだ。
○3 耳掛け型、挿耳型イヤホンとも補聴器本体のアンプ部を除き、イヤ
  ホンに直結し、補聴器装用の状態にして測定した。
○4 各イヤホンの出力音圧較正はフォニックイヤ社補聴器測定装置(HC
  2100、HC2200、PE2700)をB,K社キャリブレータ(4230)
  にて較正しておき、各型イヤホンに対応するカプラを用いて行った。
○5 被検耳は聴力正常成人6名11耳、難聴成人7名11耳(感音性7
  耳、混合性4耳、聴力レベル40〜80dB)であり、三つの形のイヤホ
  ンそれぞれについて聴取域値を求めた。
○6 聴取域値は周波数125,250,500,1000,2000,
  3000および4000Hzについて連続音を使用し、上昇法によって求めた。
< 結果および考案 >
図1は正常11耳について外装
小型イヤホン、耳掛けイヤホン
および挿耳型イヤホンについて
聴取域値を測定し、それぞれの
イヤホンによる域値の中央値を
結んだものを示した。図1に示
したように、それぞれのイヤホ
ンによる域値は測定した各周波
数において近似した値を示した。
図2は正常耳11耳について外
装小型イヤホンと耳掛け型イヤ
ホンとの域値差(○印)および
外装イヤホンと挿耳型イヤホン
との域値差(×印)を示した。
図2のように各周波数における
前述の二つの域値差はほとんど
±10dB以内に分布した。
図3は難聴耳11耳について外
装小型イヤホンと耳かけ型イヤ
ホンとの域値差(○印)および
外装小型イヤホンと挿耳型イヤ
ホンとの域値差(×印)を示し
た。図3では、各周波数におけ
る二つの域値差は大部分が±1
0dB以内に分布したが、×印を
超えるものも認められた。12
5Hzにおける表示数が少ないの
は、イヤホンの出力音圧不足の
ため測定耳が少なかった。
< まとめ >
図2および図3に示したように、外装小型イヤホンで測定した連続音の聴
取域値は、耳かけイヤホンおよび挿耳型イヤホンによる域値と±10dBの
範囲にあり、外装小型イアヤホンによる聴取域値は他の形の補聴器適合に
十分応用できるものと考えた。