よくある質問

補聴器の不安にお答えします(よくある質問をまとめてあります。)

聞こえと補聴器について困った事、悩み事、知りたい事、何でもお気軽にご相談ください。
いろいろな悩みをメールにて受け付けています。専門相談員が適切なアドバイスを返信します。

イメージ

補聴器は慣れないと使えない。慣れるのが大変とききますが?


装用・装着はメガネ感覚です。

但し、きちんと適合した補聴器では、聴こえ具合・装着感・使い方も、すぐに慣れられます。
2週間もあれば、快適な聴取となります。

イメージ

補聴器はどの程度から使うものですか?


テレビの音量を普通より大きくするようになったとき、これが目安となります。

補聴器を付けると難聴がすすむのでは?


きちんと適合した補聴器では、負担になる不快さ・響き感はありません。

聴覚疲労はほとんど心配ありません。
ただし、専門医による聴力保護のための継続的診察は必要です。

雑音ばかりで、疲れてしまうのでは?


きちんと適合した補聴器では、会話も周囲音も快適にきこえてきます。
耳ざわりな響き音を示す雑音は取り除けます。

補聴器を使えば聞き取りが良くなりますか?


快適聴取で、聞きにくい言葉の聞き取り方法をアドバイスします。

大きな音がひびく


補聴器に大きな音が入ってきた時の調整不足です。

それと使う人の耳がどれ位の大きさの音まで大丈夫かを調べていないからです。
CHG-FITでは、初期に必ず使用者の限界を調べて調整しますので大きな音でも響きません。

人の話し声が大きい又は小さい


音量(ボリューム)調整が合っていないからです。

「とりあえずこれ位で」とすすめられませんでしたか?補聴器は使う人にとってちょうどよい大きさまで音を大きくしなければなりません。そのちょうどよい大きさを調べていないからです。
CHG-FITでは、初期に必ずちょうどよく感じる大きさを調べます。補聴器をお渡しする時に的確なボリュームに調整できます。
「とりあえず」とか「後で再調整しましょう」ということがありません。

イメージ

どのくらい使えるものですか?


補聴器の寿命は3~6年で使い方にもよります。

この期間ですと、ご自身の聴力もあまり変わらないでしょう。多少の変化は補聴器の各種調整器で十分補えます。

雑音の中での会話がむずかしい


周囲の環境音が聞こえるようになったためです。

しかし、調整によっては不必要に大きく聞こえているのかもしれません。
CHG-FITでは、使う人の聞こえ具合を周波数毎に調べて適切な調整をしますので、より自然な音の世界を提供できます。
最新の機種では、切り替えにより雑音を低減できるものもあります。

大勢の人混みの中で声が聞き取りにくい


周囲の雑音が原因ではありますが、片耳で使用している方は、片耳というのが原因
でもあります。両耳装用とか指向性マイクロホンのものにしてみませんか。

片耳では補えないところを両耳ならしっかりカバーします。

ピーピー音がする


原因は耳穴と耳栓の隙間からもれる音です。

●オーダーメイド補聴器をお使いの方は
型が合っていないか、または正しく装着されていない。
●ポケット型、耳かけ型をお使いの方は
・イヤモールドをお使いの方
型が合っていないか、または正しく装着されていない。
・イヤチップ(ゴムの耳栓)をお使いの方
型が合わずどうしてもはずれやすいからです。イヤモールドをお奨めします。
原因をしっかり把握するために、当店までご相談下さい。